膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜 膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜

つらい過活動膀胱と尿漏れも膣トレでカンタンケア

過活動膀胱は、強い尿意を感じてもトイレへ行くとあまり出なかったり、反対にガマンしていると尿を漏らしてしまったりと尿意に振り回されてしまう症状です。1週間のうちに2、3度でも駆け込むほどの尿意におそわれているなら過活動膀胱の疑いアリです。「最近なんだかトイレが近いけど、年だから仕方ないわね」などと放置せずに適切なケアを行いましょう。切迫性尿失禁も引き起こす可能性がある過活動膀胱について、その基礎知識から膣トレによるケア方法までまとめてご紹介します。たとえ尿漏れはしなくても、生活の質が明らかに下がってしまう過活動膀胱へはしっかり対抗していきましょう。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

つらい過活動膀胱と尿漏れも膣トレでカンタンケア

過活動膀胱は、強い尿意を感じてもトイレへ行くとあまり出なかったり、反対にガマンしていると尿を漏らしてしまったりと尿意に振り回されてしまう症状です。1週間のうちに2、3度でも駆け込むほどの尿意におそわれているなら過活動膀胱の疑いアリです。「最近なんだかトイレが近いけど、年だから仕方ないわね」などと放置せずに適切なケアを行いましょう。切迫性尿失禁も引き起こす可能性がある過活動膀胱について、その基礎知識から膣トレによるケア方法までまとめてご紹介します。たとえ尿漏れはしなくても、生活の質が明らかに下がってしまう過活動膀胱へはしっかり対抗していきましょう。

過活動膀胱の基礎知識とカンタン膣トレケア

過活動膀胱の基礎知識とカンタン膣トレケア

映画を見ているときでも、テーマパークで遊んでいるときでも、自分の意志とは裏腹に突然強い尿意におそわれてしまうなら過活動膀胱の可能性大!
ガマンできないほどの尿意でトイレへ駆け込んだのに全然出ない、というのも過活動膀胱の証。過活動膀胱は必ず尿漏れする症状ではありません。膀胱に尿が溜まっていることに過剰に反応してしまう状態のことを過活動膀胱といいます。
過活動膀胱になると、それが本当の尿意なのかそれとも過剰に反応しているだけなのかはトイレへ行って出せた尿の量でしか判断できません。出かける前、食事の前など毎回決まった時間に決まった場所のトイレにいっていると、膀胱にはまだまだ溜められるのにそのタイミングが訪れるたびに尿意を感じるようになってしまうことも。

過活動膀胱は2タイプに分けられます。1つ目は神経性のタイプで、脳や脊髄に障害があり、神経の情報伝達がうまくいかず、尿意をコントロールできなくなるタイプ。
2つ目は、非神経性のもので、加齢や冷え・骨盤底筋が弱くなったことによって尿意切迫感を感じるタイプです。過活動膀胱といえばこの非神経性タイプの人が多くいます。非神経性のタイプは活動量も多くなるため日常生活での困った!という場面がたくさん出てきます。また、このタイプは神経過敏ともいわれることがあり、頻尿が主たる症状となります。しかし、頻尿のないパターンもあり、そうなると過活動膀胱なのかどうかわかりにくくなってしまうため注意が必要です。

過活動膀胱は、頻尿以外にも、強い尿意を感じてからトイレへ向かったものの間に合わずに漏らしてしまうことや尿漏れを起こす切迫性尿失禁になる可能性があります。これらの症状が出る原因は、ハッキリとはわかっていません。しかし男性よりも女性がなりやすいことなどから、骨盤底筋の衰えが要因の1つであることはわかってきました。そのため、しっかり締めておけるように膣トレを重ねることで、症状が軽減されていくといわれています。

過活動膀胱の治療は、骨盤底筋を鍛えることのほか、薬物療法が行われます。膀胱が神経過敏になっていることで過活動状態を引き起こしているので、それを抑える薬を服用します。膀胱が収縮して尿が出てしまうことを抑える抗コリン薬、膀胱をゆるめるミラベグロンなどが有名です。薬を使いつつ膣トレで骨盤底筋を鍛える方法は8〜9割の過活動膀胱患者に効果があるとされています。過活動膀胱による不快症状に悩んでいる人は、まず医療機関を受診して薬を服用しながら、膣トレケアを始めましょう

尿漏れや頻尿が起こる原因は様々で、このサイトでは他にも「腹圧性尿失禁」「切迫性尿失禁」についても解説してるページもありますので、気になる方はこちらの方もチェックしてみて下さいね。

過活動膀胱によるひどい尿漏れには手術という選択肢も

過活動膀胱によるひどい尿漏れには手術という選択肢も

過活動膀胱や腹圧性または切迫性尿失禁によって起こる尿漏れ。何もケアせずに放置していると、どんどん進行してしまい、尿道を支えるためのテープを入れる手術が必要になることも!日帰りで施術できるものですが、できれば手術という選択肢を取る前に膣トレで骨盤底筋を鍛えて改善していきたいところです。

また、飲水生活にも気をつけるようにしていきましょう。飲む水の量はもちろんですが、飲み物にも気を配っておくことをおすすめします。例えば利尿作用のあるカフェインはコーヒーや紅茶に多く含まれています。これらの摂取を控えたり、量を減らして別の飲み物に切り替えたりすることで対応可能です。やっかいな尿トラブルを悪化させないためにも、さまざまな方法を取り入れていきましょう。

過活動膀胱による尿漏れまとめ

本当に尿が出るときもそうではないときも、しょっちゅう尿意を感じてしまう過活動膀胱。突然の強い尿意にトイレに間に合わず、漏らしてしまうようなら切迫性尿失禁も患っている可能性があります

これらの尿トラブルに効果があるのは、膣トレによって骨盤底筋を鍛える方法です。過活動膀胱にも膣トレは効果的!医療機関で薬を処方してもらいながら、根本からケアを行うために骨盤底筋を鍛える膣トレを取り入れていきましょう。

おすすめ記事

おすすめ最新膣トレグッズ

  

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズを使ってみたい!という初心者にもおすすめなのが、LCオリジナルの「LCインナーボール」です。丸くてカワイイ形のインナーボールは初めての膣トレでも簡単に、安心して使えます。そんなインナーボールについてご紹介します。

評判や使い方はこちらから   

関連記事

注目グッズ

このカテゴリーの注目記事