膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜 膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜

骨盤底筋トレーニングの効果は肋骨のストレッチで変わる!?

骨盤底筋トレーニングの基本となるのが呼吸法です。呼吸と合わせてトレーニングをすることでより効果を期待できます。そして、その呼吸と深く関わる肋骨もまた、骨盤底筋トレーニングの効果に影響を与える要素の1つです。肋骨が硬くなっているとうまく息が吸えず、腹圧を使って上手に骨盤底筋を鍛えることができなくなります。肋骨をストレッチで柔軟に動くようにして、骨盤底筋をしっかり動かせるようにしましょう。今回は、肋骨のストレッチ方法についてご紹介します。骨盤底筋トレーニングと平行して、肋骨ストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか?

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

骨盤底筋トレーニングの効果は肋骨のストレッチで変わる!?

骨盤底筋トレーニングの基本となるのが呼吸法です。呼吸と合わせてトレーニングをすることでより効果を期待できます。そして、その呼吸と深く関わる肋骨もまた、骨盤底筋トレーニングの効果に影響を与える要素の1つです。肋骨が硬くなっているとうまく息が吸えず、腹圧を使って上手に骨盤底筋を鍛えることができなくなります。肋骨をストレッチで柔軟に動くようにして、骨盤底筋をしっかり動かせるようにしましょう。今回は、肋骨のストレッチ方法についてご紹介します。骨盤底筋トレーニングと平行して、肋骨ストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか?

骨盤底筋をしっかり鍛えるための準備運動「肋骨ストレッチ」

骨盤底筋をしっかり鍛えるための準備運動「肋骨ストレッチ」

骨盤底筋を鍛えるためには、呼吸法も大切です。「深く吸って、出しきる」呼吸の動きに合わせて骨盤底筋を動かすと、腹圧もサポートしてくれるため、トレーニングの効果を高めることができます。しかし、その大切な呼吸があることによって深く吸えなくなることがあります。その原因が「肋骨の筋肉の硬さ」です

深く息を吸おうとすると肺が膨らむのが感じられます。このとき、肺の周りにある肋骨の筋肉が硬くなっていると、深く息を吸い込んでいる途中で「これ以上空気が入るスペースがないから吸えない」という状態になります。自分ではまだまだ吸うつもりなのに空気が入っていかなくなるため、なんとなく物足りないまま息を吐くことになります。吸っている途中で吸えなくなって「あれ?」と思っているなら肋骨の筋肉が硬くなっているかもしれません。そこで、肋骨ストレッチでしっかり柔らかくしていきましょう
でもそもそも肋骨のストレッチってできるの?という方もいると思います。でも実はそのやり方はとても簡単なんです!詳しく「肋骨ストレッチ」見ていきましょう。

<肋骨まわりの筋肉を柔らかくするストレッチ方法>

(1)イスに座ります。腰をまっすぐに伸ばして、足は肩幅に開きしっかり床につけてください。
(2)両手をまっすぐに上げます。
(3)右手から順に、反対の手よりも少しでも高く上に伸ばしていきます。
(4)右→左→右…と順に1cmくらいずつ高く上げていきましょう。両方合わせて10回ほど動かしたら休憩するのがおすすめです。

腕を高く上げようとする度に、肋骨まわりの筋肉は動かされていきます。両手を高く上げるため、仕事中にはなかなかストレッチできないかもしれませんが、トイレに行ったときなどちょっとした時間など、気がついたときに動かすことで柔軟性はアップしていきます。

肋骨まわりの筋肉がほぐれると、骨盤底筋を鍛えるときだけでなく呼吸が楽になっていくため、普段の生活や呼吸を意識して行うヨガなどにもいい影響があります。腕を高く上げられない…というときは肋骨や肩甲骨にある筋肉が硬くなっている可能性もあります。無理せず、出来る範囲から徐々にストレッチしていくようにしましょう。

※ヨガを取り入れた骨盤底筋体操(ケーゲル体操)については『ヨガを取り入れた骨盤底筋体操(ケーゲル体操)』をご覧ください。

肋骨ストレッチを取り入れるときの注意点

肋骨ストレッチを取り入れるときの注意点

肋骨を柔らかくするためのストレッチをするときは、どこを動かしたいのかを意識するのがポイントとなります。腕を上げて、肋骨まわりを動かしていくストレッチですが、肩だけを動かしてしまうと本来の目的は達成されなくなってしまいます。
全てのストレッチやトレーニングにも共通していえることですが、どこを鍛えたいのか、どこを動かしたいのかを意識しておくことで、その部位をしっかり動かすことができます。逆に意識をしないでストレッチを行うと、他の部位だけを動かしてしまったり、目的とは違ったところをただ動かして終わってしまったりしますので注意が必要になります。
「肋骨まわりを柔らかくしよう!」と意識しながらストレッチをすることで、しっかり動かしたいところが動いてくれます。休憩中には、深く呼吸をしてみて、どれだけ動くようになったかを確かめてみるとより効果的です。
肋骨まわりの筋肉が意識できない人は、胸のすぐ下に手を置いて深呼吸をしてみましょう。骨の周囲で、膨らんだり萎んだりする部分が肋骨まわりの筋肉です。位置を確認できたら腕を上げて、肋骨ストレッチを始めましょう。

肋骨ストレッチまとめ

骨盤底筋トレーニング(膣トレ)は体幹の底にある骨盤底筋を鍛えるトレーニングですが、肋骨まわりの筋肉の動きや柔軟性とも密接に関わっているということが分かっていただけたかと思います。深い呼吸に関わる肋骨まわりはストレッチで柔らかくしておいて損はありません。しっかりストレッチして、骨盤底筋を上下に動かすサポートとして活用していきましょう!

おすすめ記事

おすすめの膣トレグッズ

  

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズを使ってみたい!という初心者にもおすすめなのが、LCオリジナルの「LCインナーボール」です。丸くてカワイイ形のインナーボールは初めての膣トレでも簡単に、安心して使えます。そんなインナーボールについてご紹介します。

評判や使い方はこちらから   

関連記事

おすすめ膣トレグッズ

このカテゴリーの注目記事