膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜 膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜

産前産後は骨盤底筋トレーニングで骨盤の緩みを予防

骨盤底筋は、出産と深いつながりのある筋肉です。赤ちゃんが生まれるときは、ゆったりと伸び、出産後には引き締まることで骨盤周りを妊娠前の状態に戻す働きをしてくれます。骨盤底筋が鍛えられていると、安産にもなりやすく産後のさまざまなトラブルも未然に防ぐことができます。また、産後はしっかり休みつつ、骨盤底筋トレーニングも同時にスタートさせれば、より早い回復を目指すこともできます。今回は、そんな骨盤底筋と出産の関係を詳しく解説していきます。これから出産を迎える人も、産後のトラブルに悩まされている人も要チェックです。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

産前産後は骨盤底筋トレーニングで骨盤の緩みを予防

骨盤底筋は、出産と深いつながりのある筋肉です。赤ちゃんが生まれるときは、ゆったりと伸び、出産後には引き締まることで骨盤周りを妊娠前の状態に戻す働きをしてくれます。骨盤底筋が鍛えられていると、安産にもなりやすく産後のさまざまなトラブルも未然に防ぐことができます。また、産後はしっかり休みつつ、骨盤底筋トレーニングも同時にスタートさせれば、より早い回復を目指すこともできます。今回は、そんな骨盤底筋と出産の関係を詳しく解説していきます。これから出産を迎える人も、産後のトラブルに悩まされている人も要チェックです。

出産で受けるカラダのダメージと骨盤底筋の関係とは?

出産で受けるカラダのダメージと骨盤底筋の関係とは?

赤ちゃんを生み出す出産。新しい命が誕生する喜ばしいことですが、実は思っている以上に母体への影響が大きい出来事です。女性のカラダは出産によってさまざまなダメージを受けます。産後1~2ヶ月ゆっくり過ごすことはそのダメージをしっかり治し、子育てに備えるという意味合いがあります。
出産で最もダメージを負うのが骨盤周りです。出産時には、赤ちゃんを通すために、骨盤が緩められ、通り道となる膣は大きく広がり、膣口を締めてくれている骨盤底筋もゆったりと伸びるようになっています。子宮も赤ちゃんの大きさに合わせて大きくなっているため、元に戻る力で痛みを感じることもあるほどです。

出産後は、ダメージを負ったところも徐々に回復していきます。よく、「骨盤をしっかり締めておかないと、歩き方もおかしくなったり下半身太りの原因になったりする」といわれるため、骨盤の締りは気にかけている人も多いですよね。

ゆるゆるになった骨盤をしっかり締め直すことは大切です。出産後に歩きづらさを感じるのは、骨盤がゆるんでいることも理由の1つであるため、産後すぐから骨盤ベルトなどを使うことが勧められています。しかし、それだけでは産後のトラブル回避にはなりません。妊娠中や産後のトラブルとして、よく耳にするのが「尿漏れ」です。産後の1カ月検診でも医師に「尿漏れはないか」聞かれるほど、尿漏れに悩まされる人は多くいます。
実はここにも骨盤底筋との深いつながりがあります。体幹を底で支えている骨盤底筋は、赤ちゃんがお腹にいるときも一番下で全てを支えています。そして、普段なら通る大きさではない赤ちゃんの頭やカラダを通してあげるべく、出産時にはゆるんで伸びてくれます。
骨盤底筋は膣口だけでなく、尿口、肛門の周りにもある筋肉です。出産でゆるんだ骨盤底筋は膣口周りだけではなく、こうした他の部位の部分にも影響を及ぼします。そのため、ゆるんだ骨盤底筋をもう一度しっかり締めてあげないと、産後に尿漏れトラブルが起こりやすくなってしまいます。他にも、産後の膣の締まりが気になるといった悩みにも、骨盤底筋は関係しています。

しかし、出産でゆるむ骨盤底筋は産前から鍛えておくことで産後にも戻りやすくなります。先を見据えて早い段階から鍛え始めることが大切となります。
骨盤底筋はどこの筋肉でどういった役割を持っているのかなど、詳しい情報は、『骨盤底筋とは?』をご覧ください。これから骨盤底筋のトレーニングを始めようと考えている方は是非チェックしてみてほしいです。
骨盤底筋トレーニングでお悩み解決!』からご覧ください。

産前に骨盤底筋を鍛えるときは赤ちゃんに負担のない範囲で

産前に骨盤底筋を鍛えるときは赤ちゃんに負担のない範囲で

産前から骨盤底筋を鍛えておくと効果的だとご紹介してきましたが、妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるので、ムリは禁物です。間違った力の入れ方をしてしまうと、お腹の赤ちゃんに負担がかかってしまう可能性があります。

できれば、妊娠前にどこに力を入れればいいのかをチェックしながらの膣トレ(骨盤底筋のトレーニング)を始めておくのがおすすめです。妊娠中に膣トレを知ったという人は、膣に指を入れるときには清潔さをいつも以上に気をつけて力を入れるところを探していきましょう。また、お腹まわりにグッと力を入れずに、骨盤底筋を意識して鍛えるようにしてくださいね。
出産が近づいてきて、骨盤底筋もゆるんできたときにも、トレーニングは有効です。これは締めることに力を入れるというよりも、動かすことで柔軟性をもたせ、出産中や産後の伸び縮みをサポートする目的があります。トレーニングをしたら筋肉が鍛えられて固くというわけではなく、その部分が柔らかくなるというイメージをもっているといいですよ。

出産にも関係する骨盤底筋まとめ

出産と骨盤底筋には、こうした深いつながりがあります。産前も出産中も産後も、骨盤底筋は母体にさまざまな影響を与える部位です。これまで意識してこなかった人は、まず骨盤底筋がどこにあるのかを知って、どう力を入れると動かせるのかをチェックすることから始めましょう!安産も産後の回復力も上げてくれる骨盤底筋を味方につけて、出産を乗り切りましょう!

おすすめ記事

おすすめ最新膣トレグッズ

  

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズを使ってみたい!という初心者にもおすすめなのが、LCオリジナルの「LCインナーボール」です。丸くてカワイイ形のインナーボールは初めての膣トレでも簡単に、安心して使えます。そんなインナーボールについてご紹介します。

評判や使い方はこちらから   

関連記事

おすすめ膣トレグッズ

このカテゴリーの注目記事