膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜 膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜

こんな生活習慣で骨盤底筋は弱っている?!

普段の生活を見直してみると、さまざまな場面に骨盤底筋が弱る行動が潜んでいます。座っている時の姿勢、筋トレ、腰でバランスを取っている、猫背、トレイなど「そんなことまで?!」と驚くはずです。骨盤底筋は出産や年齢を重ねたときに筋力が衰えてくるだけで、私には関係ない…と、思っているあなたも振り返ってみれば骨盤底筋を弱らせる行動をとっている可能性はありますよ!どんな生活習慣が骨盤底筋を弱らせているのかチェックしておきましょう。「わ!自分もやってた」という習慣があった人でも大丈夫です。改善方法も合わせてご紹介していますので参考にしてください。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

こんな生活習慣で骨盤底筋は弱っている?!

普段の生活を見直してみると、さまざまな場面に骨盤底筋が弱る行動が潜んでいます。座っている時の姿勢、筋トレ、腰でバランスを取っている、猫背、トレイなど「そんなことまで?!」と驚くはずです。骨盤底筋は出産や年齢を重ねたときに筋力が衰えてくるだけで、私には関係ない…と、思っているあなたも振り返ってみれば骨盤底筋を弱らせる行動をとっている可能性はありますよ!どんな生活習慣が骨盤底筋を弱らせているのかチェックしておきましょう。「わ!自分もやってた」という習慣があった人でも大丈夫です。改善方法も合わせてご紹介していますので参考にしてください。

常に何かに寄りかかって座っている

常に何かに寄りかかって座っている

「電車で端の席に座って、角の部分に寄りかかって座っている」
「常に背もたれに寄りかかるように座っている」
というあなたは要注意です。背骨が曲がるような座り方をしていると、呼吸をするたびに腹圧が変にかかって骨盤底筋を痛める原因になってしまいます。

そのような時に注目すべきは、背骨と腰の位置。腰と背骨がまっすぐになっていればOKですが、背骨は真っ直ぐ伸ばしているつもりでも腰が曲がっているようならアウトです。カラダだけ向きを変えていたら背骨は曲がっています。上にまっすぐになっているだけではダメなのです。
何かに寄りかかっていたいときには、深く腰掛けて背もたれや壁に腰からまっすぐつけるようにしましょう。姿勢をまっすぐに保つだけで、腹部に変な圧がかからず骨盤底筋を痛めることや弱めることも少なくなります。

ハイヒール着用時や妊婦さんは要注意の「反り腰」

ハイヒールを履いているときや、お腹が大きくなってきた妊婦さんが自然となってしまう姿勢が「反り腰」です。カラダのバランスが取りにくいときに腰を反って胸を前に出すような姿勢で歩いてしまうのが「反り腰」。高いヒールを履いたときは、鏡に全身を映して反り腰になっていないかチェックしてみましょう。
鏡の前でチェックするなど、反り腰を意識し、直すクセをつけておくことで、段々と反り腰にならずに歩けるようになっていきます。まめな姿勢チェックがカギです。妊婦さんは、反り腰を意識しすぎて転んでしまっては大変なので、出来る範囲で直すようにしてくださいね。

猫背は骨盤底筋の敵!立つときも座るときも意識しよう

猫背は骨盤底筋の敵!立つときも座るときも意識しよう

多くの人がついついやってしまいがちなのが猫背です。背中が丸くなり、顎が前に出てしまうと重症です。カラダが変に曲がっていると腹圧がおかしな方向にかかって骨盤底筋が少しずつ弱り、痛んできます。
特にデスクワークをしているときに集中してくると猫背になっていく人が多くいます。見た目にもステキではありませんし、じわじわと骨盤底筋に負荷がかかっていくため、毎日続けていると骨盤底筋が弱りきってしまうことも。
姿勢をよくするときや反り腰と同じように、背中を伸ばすこと・イスには深く腰かけて背骨をまっすぐに保つことを意識して過ごすようにしましょう。何事も意識することが大切です。

トイレでの座り方も骨盤底筋に影響する

意識して姿勢をよくしましょう、といってはいるものの、実はトイレでは姿勢よく座ってしまうのは逆効果です!特にいきむ排便時には、背筋を伸ばしてまっすぐ座っていると骨盤底筋にダメージを与えしまう恐れも。便も出にくい姿勢なので、余計強くいきまなければなりません。骨盤底筋を傷めるだけでなく、痔になる可能性もあるため、トイレでの姿勢の見直しは必ず行いましょう。
トイレでの正しい姿勢は、足を肩幅程度に開き上半身を前に傾けた形です。肘を膝に乗せてリラックスするとより効果的です。こうすることで、骨盤底筋が下へと押し下がってしまうのを防ぎ、腸が直角に曲がって便が出にくくなることを防ぐ事ができます。
腹圧を無理やりかけることで、骨盤底筋にも余計な負荷がかかってしまいますので、できるだけいきまずにスルスルっと便を出せることが理想です。まずは腸内環境を整え、食生活や生活習慣をただすなど、便秘にならないよう気をつけるようにしましょう。

まとめ

さまざまな生活習慣における“姿勢”が骨盤底筋を痛める原因となっていることを分かっていただけたかと思います。日常生活の中で姿勢を正すことで、見た目にも美しくなりますし、骨盤底筋が弱まることで起こる、いろいろなカラダのトラブルも未然に防ぐこともできます。骨盤底筋トレーニングをするだけでなく、こうした日常に潜む骨盤底筋を痛めることを改善していくだけでも、トレーニング効果をより引き出せます。骨盤トレーニング開始と合わせて、自分の生活習慣を見直してみましょう!

おすすめ最新膣トレグッズ

  

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズを使ってみたい!という初心者にもおすすめなのが、LCオリジナルの「LCインナーボール」です。丸くてカワイイ形のインナーボールは初めての膣トレでも簡単に、安心して使えます。そんなインナーボールについてご紹介します。

評判や使い方はこちらから   

関連記事

おすすめ膣トレグッズ

このカテゴリーの注目記事