膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜 膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜

猫背のままは危険!背筋を鍛えて骨盤底筋への負荷を抑えよう

骨盤底筋は腹圧がかかることで弱ってしまいます。背中が丸くなる猫背はお腹から骨盤底筋に負荷をかけてしまう姿勢。常に猫背の状態を続けていれば骨盤底筋に負荷がかかったままになるため、早急にケアを始めなければなりません。お腹からの圧力が関係しているため、腹筋を鍛えるのも効果的です。加えて背中の筋肉、背筋も鍛えることで自然とキレイな姿勢を保つことができるようになり、骨盤底筋にとってもいいボディーバランスが整えられます。背筋の基本的な知識と家でできるカンタンなトレーニング方法をご紹介します。お腹の筋肉を鍛えると同時に始めるのがおすすめですよ。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

猫背のままは危険!背筋を鍛えて骨盤底筋への負荷を抑えよう

骨盤底筋は腹圧がかかることで弱ってしまいます。背中が丸くなる猫背はお腹から骨盤底筋に負荷をかけてしまう姿勢。常に猫背の状態を続けていれば骨盤底筋に負荷がかかったままになるため、早急にケアを始めなければなりません。お腹からの圧力が関係しているため、腹筋を鍛えるのも効果的です。加えて背中の筋肉、背筋も鍛えることで自然とキレイな姿勢を保つことができるようになり、骨盤底筋にとってもいいボディーバランスが整えられます。背筋の基本的な知識と家でできるカンタンなトレーニング方法をご紹介します。お腹の筋肉を鍛えると同時に始めるのがおすすめですよ。

キレイな姿勢を保つために鍛えておきたい背筋ってどこの筋肉?

キレイな姿勢を保つために鍛えておきたい背筋ってどこの筋肉?

背中にある筋肉、いわゆる背筋と呼ばれる部分は「広背筋」「長背筋」「僧帽筋」の三つの筋肉で構成されており、肩から背骨、甲骨のまわりに広がっているため、背筋を動かすときは、肩甲骨を意識すると位置がよくわかります。

年を重ねたときに、肩が凝ったり猫背になったりするのは、筋肉が弱っている証です。背中の筋肉が弱り丸くなっていくとお腹に圧力がかかり骨盤底筋を痛めてしまいます。背中が丸くなると前に出る肩を正常な位置に戻すだけでも背筋がピンと伸びるようになって姿勢がよくなります。
この首、肩、腰や背中をつなぐ筋力を鍛える方法が、今回ご紹介する背筋のトレーニングです。肩甲骨まわりを動かすため、その周囲の筋肉も柔らかくなり、呼吸がラクになるというオマケもついてきます。肩こりのケアにもなって気分もスッキリ!気持よく過ごせます。

姿勢をよくする、というのはただ、意識を変えていくだけでなく、適切な筋肉量をつけて自然とキレイな姿勢を保てるようにしなければなりません。そのためにも重要な背筋はしっかり鍛えておきましょう!

<背筋を鍛える方法>

(1)フェイスタオルサイズのタオルを手に持ち、イスに浅く腰かけます。腰や背中を伸ばして、足は自然と開いて床にしっかりつけましょう。タオルを持つ以外は腹斜筋を鍛えるときや骨盤底筋を座ったままトレーニングするときと同じスタイルです。
(2)タオルの端のほうを手に持ち、ピンと張り腕を上げます。ひじを曲げずに伸ばして上げたときにV字に見えるような位置がベストです。
(3)腕を曲げ、伸ばしたタオルを頭の後ろ側にゆっくり下ろしていきます。左右の肩甲骨が動き、中心に寄るように筋肉が使われていれば成功です。10回ほど、伸ばす・曲げる、を繰り返したら終了です。
曲げるときは息を吐きながら行い、できれば骨盤底筋をグッと引き上げながらやると効果的です。

背筋を鍛えながら骨盤底筋もトレーニングしよう!

レーザー脱毛は危険?アンダーヘアケア時の注意点

背筋を鍛えるときに、注意すべきポイントは、「呼吸法」と「姿勢」です。 お腹の筋肉はトレーニング中に骨盤底筋をグッと引き込んでおかないと負荷がかかって痛めてしまう可能性がありますが、背筋の場合にはそこまで気にすることはありません。それでも、力を入れるときに骨盤底筋も締めて鍛えると一度にトレーニングできてしまうため、効果も高くなります
また、背筋を鍛えるときにも、呼吸法は大切です。腕を曲げるときに力が入るため、このときに息を吐き、上に伸ばすときに息を吸うようにしましょう。骨盤底筋を同時にトレーニングするなら、息を吐くときに締め、吸う時にゆるめることを守ります。曲げるときに締めるのか、ゆるめるのかを忘れてしまっても、呼吸法を思い出せば締めるタイミングもわかります。
姿勢にも注意をしておきましょう。鍛えるときに背中が曲がっていてはうまく肩甲骨が動かずに意味のないトレーニングとなってしまいます。正しい姿勢でトレーニングを続けていけば、その姿勢を保つのもラクになっていきますよ。
骨盤底筋も一緒に鍛えてトレーニング時間を短縮できれば、毎日続けるのも難しくありません。タオルを使うため、電車などではできませんが、カンタンなので今日から始めてみてはいかがでしょうか?

肩を本来の位置に戻す「背筋」まとめ

骨盤底筋を弱めてしまう原因である猫背の矯正に必要な背筋力。これ以上骨盤底筋に負担をかけないように、正しいトレーニング方法でしっかり鍛えていきましょう。
お腹の筋肉をつけながら同時に背筋も鍛えるとより高い効果が期待できます。いろいろなトレーニングを組み合わせて、キレイな姿勢をラクに保てるようにしましょう!日常の様々な場面に取り入れることができるケーゲル体操で骨盤底筋を鍛える方法についても紹介していますので是非チェックしてみてくださいね。

おすすめ最新膣トレグッズ

  

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズを使ってみたい!という初心者にもおすすめなのが、LCオリジナルの「LCインナーボール」です。丸くてカワイイ形のインナーボールは初めての膣トレでも簡単に、安心して使えます。そんなインナーボールについてご紹介します。

評判や使い方はこちらから   

関連記事

おすすめ膣トレグッズ

このカテゴリーの注目記事