膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜 膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜

ヨガポーズを取り入れて骨盤底筋を効果的に鍛える

ヨガは骨盤底筋の体操と共通するポイントがたくさんあります。骨盤底筋を鍛えられるヨガのポーズもあるため、骨盤底筋体操(ケーゲル体操)にヨガを取り入れることで、より効果を期待できます。これまでヨガをやったことのない人でも、ヨガはやっているという人も、骨盤底筋に効果のあるヨガポーズを取り入れてみましょう!ヨガの呼吸法が身についていれば、ケーゲル体操もスムーズに始められますよ。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

ヨガポーズを取り入れて骨盤底筋を効果的に鍛える

ヨガは骨盤底筋の体操と共通するポイントがたくさんあります。骨盤底筋を鍛えられるヨガのポーズもあるため、骨盤底筋体操(ケーゲル体操)にヨガを取り入れることで、より効果を期待できます。これまでヨガをやったことのない人でも、ヨガはやっているという人も、骨盤底筋に効果のあるヨガポーズを取り入れてみましょう!ヨガの呼吸法が身についていれば、ケーゲル体操もスムーズに始められますよ。

ヨガを骨盤底筋体操に加えるってどういうこと?

ヨガを骨盤底筋運動(ケーゲル体操)に加えるってどういうこと?

ヨガは、インナーマッスルと呼ばれる意識しないと普段は動かせない筋肉を鍛えることができる運動です。さまざまなポーズを取りながら呼吸を整えていくエクササイズとして広く知られています。本来は、インドの諸宗教の修行方法で、日本の仏教の「坐禅」の元でもあります。
現代のフィットネス感覚のヨガはアメリカ由来のもので、健康法として特に女性に人気の高い運動です。呼吸法を身につけて、インナーマッスルを中心に動かすポーズが特徴で、体幹や心身のバランスも鍛えられるとされています。
そんなヨガの言葉の由来となっているサンスクリット語では、骨盤底筋を「ムーラバンダ」といいます。基礎や原因という意味の「ムーラ」と締める・閉じるという意味をもつ「バンダ」が合わさってできた言葉で、ムーラバンダする=ケーゲル体操に通じるポーズを取ることと考えられます。

ムーラバンダはPMS(月経前症候群)や生理痛の軽減、産後の尿トラブルのケアに効果が期待できるといわれていますが、ケーゲル体操の効果と、とてもよく似ています。ケーゲル体操で、骨盤底筋を動かすことに慣れてきたらヨガのポーズも取り入れることでより効果を引き出せるというのも納得です!そこで、今回は、家でもできるムーラバンダのポーズをご紹介します。

<腰上げのポーズ>

(1)仰向けに寝ます。
(2)両足の裏側同士をくっつけ、足を開き両手はカラダの脇へ少し広げて置きます。このとき手のひらは床に向けます。
(3)息を吸い込み、吐くときに腰を持ち上げます。腰を持ち上げるときに、骨盤底筋が締まるように意識をしましょう。こぶし1〜2つ分ほど上げたら、そのままキープします。
(4)何呼吸か繰り返したあと、息を吐きながら元に戻します。これを何度か繰り返します。

<ロールダウン・ロールアップ>

(1)膝を立てて座ります。体育座りのような姿勢です。骨盤底筋は締めておきましょう。
(2)背骨を下から1本1本順番に曲げていき、寝そべります。仰向けになるまでゆっくり行いましょう。(ロールダウン)
(3)首から順に、ロールダウンの逆で起き上がっていきます。(ロールアップ) 動いている間は骨盤底筋を締めることも意識し続けるのがポイントです。

ヨガのポーズで骨盤底筋を鍛える効果

ヨガのポーズで骨盤底筋を鍛える効果

ケーゲル体操に、骨盤底筋を鍛えられるヨガのポーズを取り入れるメリットはその共通点の多さにあります。同じ骨盤底筋を鍛える動きなので、共通点が多いのは当たり前といえば当たり前のことなのですが、特に「呼吸法」が同じというところがポイントです。
どちらも、基本は息を吸っているときに休んで、吐いているときに動きます。ケーゲル体操は、この呼吸法に基づいて行うことが大切なポイントとなるためヨガを取り入れて呼吸法を身に付けることには大きなメリットがあります。
骨盤底筋と呼吸の関係性については『「吸うと吐く」の呼吸を意識して骨盤底筋を動かす』をご覧ください。

骨盤底筋体操(ケーゲル体操)にヨガのポーズを取り入れるときの注意点

骨盤底筋体操でも、ヨガでも、骨盤底筋を意識して動かさなければ意味がありません。しっかりその位置を理解し、動かす意識や感覚を身につけてから、ヨガのポーズを取り入れるようにしましょう。
骨盤底筋を動かせるようになっていないと、どこを締めてポーズを取ればいいのかがわからず、違う筋肉を動かしてしまう可能性もあります。今回ご紹介したポーズ自体は簡単なものですが、それでも、ポーズに気を取られてしまうと骨盤底筋を締めることを忘れてしまいがちです。
しっかり骨盤底筋を締められるようになってからヨガも取り入れるようにするのがおすすめです。

ヨガを取り入れた骨盤底筋体操(ケーゲル体操)まとめ

骨盤底筋の動きをつかめるようになったらケーゲル体操にヨガのポーズを取り入れるのはとてもおすすめです!ヨガに興味をもったら他にもたくさんのポーズがあり、いろいろな場所を鍛えることもできます。骨盤底筋を鍛えることをきっかけに全身のバランスを保つヨガを始めてみるのもいいですよ!
まずは、骨盤底筋をしっかり締める動きにヨガのポーズを取り入れて、ケーゲル体操を楽しみましょう!

おすすめ記事

おすすめ膣トレグッズ

  

膣トレグッズ「LCインナーボール」

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレーニングにはヨガなどいろいろな方法がありますが、いざ自分でやってみるとコツが掴めなかったり難しく感じる人もいるかもしれません。そんな場合は膣トレグッズを使って膣圧トレーニングをしてみたい!という方におすすめなのが、LCオリジナルの「LCインナーボール」です。丸くてカワイイ形のインナーボールは初めての膣トレでも簡単に安心して使えます。そんなインナーボールについて詳しくご紹介します。

インナーボールの口コミや評判 使い方はこちら   

関連記事

おすすめ膣トレグッズ

このカテゴリーの注目記事