膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜 膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜

子宮と骨盤底筋の関係に迫る!膣トレが子宮にもいい環境を作るって本当?

骨盤底筋と子宮は膣でつながっているだけの関係だと思っているなら大間違い!実は、子宮が安心してその役割を担っていられるのは骨盤底筋がしっかりとそこにいてくれるからなのです。今回は骨盤底筋と子宮の関係を詳しく見ていきながら、そこからわかった驚きの関係性と膣トレの重要度をご紹介していきます!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

子宮と骨盤底筋の関係に迫る!膣トレが子宮にもいい環境を作るって本当?

骨盤底筋と子宮は膣でつながっているだけの関係だと思っているなら大間違い!実は、子宮が安心してその役割を担っていられるのは骨盤底筋がしっかりとそこにいてくれるからなのです。今回は骨盤底筋と子宮の関係を詳しく見ていきながら、そこからわかった驚きの関係性と膣トレの重要度をご紹介していきます!

2016/10/17 (更新日:2016/03/22)

子宮を支える骨盤底筋は膣トレで鍛えよう!

子宮は女性にしかない臓器です。赤ちゃんを育むためのもので、生理や排卵などでトラブルの起こりやすい部分でもあります。そんな子宮を支えてくれているのが骨盤底筋です。今回は子宮と骨盤底筋の関係から、膣トレで骨盤底筋を鍛えておくべき理由まで、ご紹介します!

子宮と骨盤底筋をつなげているのは「膣」

女性のカラダの構造上、子宮と骨盤底筋は膣でつながっています。子宮があるべき位置におさまっていられるのは、ひとえに骨盤底筋の力によるものです。骨盤底筋がもし、弱まっていたらどんなことが起こってしまうのでしょうか。

骨盤底筋が弱まると、膣がゆるんでしまいます。骨盤底筋が弱まる理由はいろいろありますが、出産や運動不足、イスに座りっぱなしの生活スタイルなどによるケースが多く、年齢を重ねるごとに症状が出やすくなる特徴もあります。
骨盤底筋が弱まることで膣がゆるむと次に起こりうるのが子宮下垂です。子宮下垂とは、膣のなかに子宮が下りてきてしまう症状のこと。悪化すると膣口から子宮が出てきてしまう子宮脱になったり、腸なども一緒に下りてきてしまったりすることもある怖い症状です。痛みはあまり感じず、何がおりてきている違和感があるだけのため、発見が遅れることが多い症状でもあります。

子宮と骨盤底筋は、一見関係ない存在のように思えますが、実はとても関わりの深いモノ同士なのです。

膣トレで子宮下垂を防ごう!

子宮下垂を防ぐためには、骨盤底筋を鍛えていなかればなりません。そこで登場するのが膣トレです。骨盤底筋を鍛えるトレーニング方法で、カンタンかつどこでもできるため、毎日ストレスなくトレーニングを続けることができます。
子宮下垂を予防することにもつながる膣トレは知れば知るほど、さまざまな効果があることがわかってくるトレーニングです。膣トレの知識を深めて、明日のキレイと健康を作っていきましょう!

   

おすすめの膣トレグッズ

  

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズを使ってみたい!という初心者にもおすすめなのが、LCオリジナルの「LCインナーボール」です。丸くてカワイイ形のインナーボールは初めての膣トレでも簡単に、安心して使えます。そんなインナーボールのご購入はこちら!

詳細はこちら   

関連記事

注目グッズ

このカテゴリーの注目記事