膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜 膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜

妊娠中でもできる膣トレで高血圧症候群を予防しよう!

運動の1種である膣トレは妊娠性高血圧症候群を予防する効果も期待できる、今話題沸騰中の骨盤底筋トレーニングです。妊娠中でも、膣トレならずっと続けることができ、産前産後問わず、誰でもいつからでもできる膣トレが高血圧症候群を予防するといわれる理由とは?妊娠性高血圧症候群に関する知識も一緒にまとめました。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

妊娠中でもできる膣トレで高血圧症候群を予防しよう!

運動の1種である膣トレは妊娠性高血圧症候群を予防する効果も期待できる、今話題沸騰中の骨盤底筋トレーニングです。妊娠中でも、膣トレならずっと続けることができ、産前産後問わず、誰でもいつからでもできる膣トレが高血圧症候群を予防するといわれる理由とは?妊娠性高血圧症候群に関する知識も一緒にまとめました。

2016/11/14 (更新日:2016/03/22)

膣トレで妊娠中の高血圧症候群を回避できる?!

膣トレをしていると妊娠中の高血圧症候群を回避できる可能性があります。どうして、膣の締りをよくするトレーニングが妊娠中の高血圧症候群を予防できるのでしょうか?実は、膣トレは安産にも効果があるとされているトレーニング法です。産後の締りケアだけでなく、産前にも取り入れて快適妊婦ライフを贈りましょう。膣トレで妊娠中の高血圧症候群回避ができる理由をご紹介します。

膣トレのどんな効果で妊娠性高血圧症候群が予防できるの?

膣トレによる効果にはさまざまなものがありますが、妊娠性高血圧症候群の予防もその1つと考えられます。確実に予防できるとはいえませんが、激しい運動のできない妊娠中におなかが大きくなっても続けられるトレーニングである膣トレに効果が期待できることは確かです。
膣トレは骨盤底筋を鍛えるトレーニング方法ですが、膣の締まりがよくなっていくことで、ダイエット効果が期待できます。このダイエット効果が妊娠性高血圧症候群予防につながるのです。

妊娠性高血圧症と膣トレの深〜い関係

妊娠性高血圧症候群とは、昔、妊娠中毒症と呼ばれていたもので、妊娠前にはなかった高血圧」「尿蛋白」「むくみなど」が起こり母体や胎児に悪影響を与える怖れがある状態のことを指しています。

妊娠中期以降になると検診のたびに尿蛋白や血圧をはかり、助産師や医師によるむくみチェックが行われるのはこの症状を見逃さないようにするためです。早期に発見して、適切な対処をすれば、悪い影響が出る前に変えすることもできます。
そんな妊娠性高血圧症候群は、妊娠中に急激に体重が増加することも1つの診断目安として考えられています。つまり、体重増加を正常な範囲内におさめるために膣トレが使えるということになります。

妊娠中特有の症状にも効果が期待できる膣トレは、産後にもさまざまなカラダのお悩みケアができるトレーニングです。どんな効果があるのか、いろいろ見ていきましょう!

   

おすすめの膣トレグッズ

  

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズを使ってみたい!という初心者にもおすすめなのが、LCオリジナルの「LCインナーボール」です。丸くてカワイイ形のインナーボールは初めての膣トレでも簡単に、安心して使えます。そんなインナーボールのご購入はこちら!

詳細はこちら   

関連記事

注目グッズ

このカテゴリーの注目記事