膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜 膣トレの効果〜骨盤低筋を鍛えて美しいボディラインをつくる〜

彼とのセックスが気持ちよくないのは“冷え性”のせい?冷え体質の改善方法

女性にとって冷えは美と健康に関わること。でも実はこの“冷え”、パートナーとのセックスにも影響があるんです。体が冷えると血液の循環が滞り、感度が悪くなることがあります。あなたも彼も満足できるセックスのために、冷え性の改善方法をご紹介します。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

彼とのセックスが気持ちよくないのは“冷え性”のせい?冷え体質の改善方法

女性にとって冷えは美と健康に関わること。でも実はこの“冷え”、パートナーとのセックスにも影響があるんです。体が冷えると血液の循環が滞り、感度が悪くなることがあります。あなたも彼も満足できるセックスのために、冷え性の改善方法をご紹介します。

2016/09/25 (更新日:2017/11/25)

「お腹を冷やしちゃダメ」は本当?

女性にとって冷えは大敵

 「お腹を冷やしちゃダメ」は本当?

女性なら誰もが言われたことがある「お腹を冷やしちゃダメ」。これは、ただ単純にお腹を壊してしまうなどの理由だけではありません。女性のお腹は子供を宿すため、冷えが大敵です。体を冷やしてしまうと妊娠しづらかったり、生理痛がひどくなったりと様々なトラブルが出てきます。彼との「セックスが気持ちよくない」といった状態も“体の冷え”が一つの原因として考えられます。

慢性的な冷え性はセックスにも影響する

お腹が冷えていると感度が下がる

慢性的な冷え性はセックスにも影響する 体の中でも特にお腹が冷えていると、膣が緊張したように硬くなり、イキにくい膣になってしまいます。反対に、生理前の体温が高いときや運動後、お酒を飲んだときなど、体温が上がっている状態でのセックスはイキやすい体になっていると言えます。このように体温が上がれば骨盤内の血流がよくなります。血流がよくなることで膣の緊張がとれ、濡れやすい状態になります。実際に、靴下を履いてセックスしたときと、裸足でセックスした場合を比べてみると、靴下を履いた女性の方が、約3割もイク確率が上がったというデータがあります。お腹周りの冷えはセックス中の感度に影響が出ます。体を温めることで自律神経が整い、さらにセックスに集中しやすくなることで自然とイキやすくなります。

冷え性改善!感度を高めるための体の温め方

冷たい飲み物や食べ物を控える

冷たい飲み物や食べ物を控える 夏など暑い時期によくとってしまうのが冷たいもの。キンキンに冷えたものを食べ続けていると、内臓から体を冷やし、イキにくい膣になる原因になってしまいます。冷たいものを口にしたときは温かいものも一緒に食べるなど、バランスを考え、過剰にとり過ぎないよう注意しましょう。

入浴時は湯船につかる

入浴をシャワーだけで済ませている人は要注意。シャワーだけの入浴を続けていると十分に体を温めることができず、体温まで下げてしまう恐れがあります。平熱が下がれば、セックスでの快感が慢性的に得にくい状態になってしまいます。体温を下げないためにも、時間があるときはなるべく湯船につかるようにしましょう。

寒いと感じる服装を控える

ミニスカートやセクシーな下着などを着用することが多い方は体が冷えやすい傾向があります。女性ならかわいい服装をしたいと思ってしまいますが、セクシーな下着はデートのときだけなど、普段は冷えない服装を心がけるだけでも、感度を上げる効果があります。寒い服装は、体を冷やす直接的な原因になります。夏は冷房対策として、ひざ掛けやカーディガンを待ち歩いたり、冬場はカイロを張るなどの防寒をきちんとし、冷えの対策をしましょう。

おすすめ記事

おすすめの膣トレグッズ

  

膣トレグッズ「インナーボール」

膣トレグッズを使ってみたい!という初心者にもおすすめなのが、LCオリジナルの「LCインナーボール」です。丸くてカワイイ形のインナーボールは初めての膣トレでも簡単に、安心して使えます。そんなインナーボールのご購入はこちら!

詳細はこちら   

関連記事

注目グッズ

このカテゴリーの注目記事